医療脱毛を休止

休止

プロによる脱毛は大きく分けて医療機関で行う方法とエステサロンを利用する方法があります。医療機関ではレーザーを使用できますので、早く結果を出すことができますし、エステサロンはより出力が弱いので結果が出るまで時間がかかる傾向にありますが、痛みも少なく、スキンケアも丁寧に行われています。いずれの場合も一回の施術で完了するというわけではなく、繰り返しの施術が必要ですので、ある程度の期間は通っていくこととなります。

順調に脱毛を進めていくためには定期的に通う必要がありますが時には施術を休止しなくてはいけなくなることもあります。施術を一時的にやめる理由としては、肌に何らかのトラブルが起きていることもあげられます。この場合は施術で悪化する可能性もありますので、肌の状態が落ち着くのを待ちます。

さらに日焼けしてしまうと施術の効果が上がりにくい、火傷などのリスクもあるということで、こちらも肌が落ち着くまで休止することもあります。さらに施術は体調の良いときに行うことが望ましいので、病気などで体調を崩したときも一時的に施術をお休みします。さらに、レーザーや光は胎児には影響がないとされていますが、妊娠中は施術が体の負担となったり、ホルモンの変化で肌トラブルも起きやすいことから休止することが一般的です。

医療脱毛

医療脱毛の雰囲気

雰囲気

美容クリニックや美容皮膚科では、医療レーザー脱毛での施術を受けることができます。エステサロンのような、優雅でリラクゼーションのような雰囲気ではないものの、病院らしい清潔感あふれる環境が整えられています。エステサロンとは違うので、お客様ではなく患者さんであり、ドクターやナースがカウンセリングから施術までを担当します。レーザー脱毛のマシンは医療機器なので、取り扱いができるのはドクターかナースのみです。

エステでは毛を減らす処理ができますが、クリニックの場合は減毛ではなく、永久脱毛ができるのも大きな違いです。マシンはクリニックにより違いはありますが、いずれも永久性がある施術ができるマシンであり、照射が可能な出力の設定は高めです。施術時にエステサロンよりも痛みを感じますが、最新式のマシンはかなり痛みが少なくなっています。

デリケートゾーンなどはやはり痛みがあるので、クリニックという特権を生かして、麻酔を使うこともできるので安心です。施術をして肌に問題が起こるとしても、そこは病院ですから、すぐにドクターが必要な医療処置をすることができます。無料か有料かはクリニックにもよりますが、施術後の自宅ケア用に、軟膏の処方があることが多いです。

剃刀